旅のコーナ

2006ヨーロッパ碁コングレスと南イタリーの旅

"写真をクリックして下さい"

韓国(ソウル、大邱、慶州、釜山)紀行
紀元前4,5世紀にインドで誕生した仏教は約千年をかけて中国、韓国そして飛鳥時代の日本にもたらされた一つの文化です。2006.5月、40年前にも一度訪れたソウル、慶州、釜山に加えてユネスコ世界遺産に登録された大蔵経の版がある海印寺を訪ねてみました。新羅千年、高麗5百年、李王朝6百年と韓国の王朝の歴史は日本に比べて長く、独自の文化の洗練が感じられます。新羅で花開いた仏教文化は崇儒廃仏を進めてきた李王朝でも面々と続いてきたようです。

中国(平遥、大同、北京)紀行
2005.6月、三大石窟寺院の一つ雲崗と明時代からの城壁都市が保存されている平遥にでかけてきました。この時期4月にたまたま北京で発生した抗日デモの様子が連日テレビで放映され日本から旅行する人が半減したそうです。しかしまあ一月も経てばそんなことも昔話になるだろうと高をくくってでかけました。中国語はほとんど知りませんが漢字文化圏なのでメモ帳を持っていけば何とかなります。

中国(敦煌、西安、洛陽)紀行
2003.10月、シルクロードの東側、西安と敦煌に行ってきました。西安はずっと以前に出かけたことがありますが、敦煌は初めてです。できれば敦煌、雲崗、龍門と三大石窟まで足をのばしたかったのですが今回は雲崗をあきらめました。中国語はまるっきり出来ませんが、行けばなんとかなるものです。新聞でも報じられた西安学生の反日デモをそれとは知らず、夜に歩いて突っ切ってしまいました。

ウズベキスタン紀行
2003.4月、米英がイラクを攻撃し、香港に始まったSARS騒ぎの最中にマレーシア駐在の写真仲間に誘われて9日間行ってきました。シルクロードの西の起点、アレクサンダーが、張騫が遠征し、法顕が法典を求めて旅をし、ジンギスカンが滅ぼしたサマルカンドやブハラへの旅です。ソ連邦に長年組み込まれていましたが、資本主義への切替に追われているようです。

ベトナム紀行
ベトナムには建造物のユネスコ世界文化遺産が3個所あります。フランスの植民地時代まで続いたグエン王朝の首都フエの宮殿等の建物群、中世の東西貿易港として栄えたホイアンの中国風の町並み、7−11世紀まで栄えたというミーソンのチャンパ族の神殿遺跡です。2002.8.1日から5泊6日の駆け足でまわってきました。

スリランカ紀行
スリランカの仏教の起源は古く紀元前のアショーカ王時代にさかのぼり、ここから東南アジア各地に南伝仏教(テラバダ)として伝えられています。ミャンマーを経てインドシナ半島へ渡りマレーシアを経由してインドネシアへと各地に遺跡を残しながら広まって行きました。ユネスコ世界文化遺産に指定されている遺跡も多く見所はふんだんにあります。2002年の中国正月を利用して行ってきました。

ラオス紀行
ラオスにもユネスコの世界文化遺産に指定されている所があります。首都が今のビエンチャンに移る前の王都ルアンプラバンです。王政は14世紀から20世紀まで続いて、現在は共産党の政権下にありますが人々のゆったりとした心とノスタルジーを感じさせる生活がそこにありました。2001年暮れの回教正月(ハリラヤ)を利用して一人で行ってきました。

エジプト旅行記

数年前ルクソールで日本人を含む観光客がテロに襲われましたが、もう治安は回復しているようです。ゆっくりとナイルをさかのぼるクルーズ船の旅を楽しみました。しかしその船の中のTVで今度はアメリカのテロ攻撃のニュースを知りました(2001.9)。エジプトはユダヤ教もイスラム教もキリスト教にとってもモーゼの旧約聖書の原点になった所ですが十字軍からパレスチナへと争いはいつになっても終わりません。


トルコ旅行記

西洋とアジアの架け橋、文明の起源のチグリス、ユーフラテスの発する所、エーゲ文明と中央アジア文明の交差した所、そのトルコに2001年の中国正月を利用して行ってみました。今度は一人旅でなくマレーシアからのツアーに便乗して。ツアーのほとんどはマレーシアで暮らしている中華系の人達でしたが楽しい旅でした。


北インドの旅、仏蹟紀行

2000.8月の末から10日間、まだ雨季の最中でしたがデリー、砂漠の街ジャイプル、タージマハールのアグラからガンジス河のベナラシ、覚りの菩提樹のブッダガヤ、アショーカ王の都パトナ、釈迦入滅クシナガールを約3000km廻ってきました。


ミャンマー、バガン高原の遺跡紀行

ミャンマー(ビルマ)は未だ軍事政権下にあります。1999年反政府勢力がタイで領事館を占拠し、この処理で両国の行き来も一時中断されていました。2000年1月にタイのバンコクからミャンマーのヤンゴン経由バガン高原とマンダレーを回ってきました。


インドネシア、ボロプドール遺跡の旅

インドネシアジャワ島、ボロプドール遺跡紀行です。1999年9月、経済危機とそれに続く暴動の後、まだワヒド新政権への選挙の最中でした。


カンボジア、アンコールワット紀行

東南アジア三大仏教遺跡の一つアンコールワットへの一人旅の紀行です。1998年1月。写真が一杯。カンボジアはまだ首都のプノンペン市とアンコールワットのあるシムリアップ市しか安全でないと言れています。