対訳囲碁ドキュメント


囲碁の資料は海外にも豊富にあります。興味を引いたいくつかの文献を訳してみました。不完全かと思いましので原文も参照できるようにしてあります。下記をクリックしてください。ご参考まで  by maznaga

コンピュータ囲碁(HandTalk, Wulu, GoeMate) のプログラミング手法
「手談(HandTalk)」は日本棋院で開かれた第1回FOST杯(1995年)で優勝し、少々あまいですがアマ5級 の力があると評価され、その後世界のプログラマーに打ち勝って3年連続優勝を果たしています。開発した中国の陳先生は拝顔したその時には白髪であり60歳 を超えていたと記憶しております。またその後「烏鷺(Wulu)」も「奕侶(GoeMate)」も陳先生の指導下で作られ現在世界のコンピュータ囲碁対戦 でトップレベルで活躍しています。=>2010年現在陳先生は亡くなられ、囲碁アルゴリズムはは知識ベースより乱数のモンテカルロ法が主流になってきました。
欧州囲碁連盟(EGF)の囲碁規約(簡易応昌期規則)
囲碁規則は生存している石を数える中国方式と領域を数える日本方式とが知られていますが、他にも引き分けをなくすことを 目的とした台湾の応昌期方式など多数あります。来年の2006年で第50回目となる欧州囲碁連盟(EGF)の規則がルール研究家の Jasiek(独)さんのホームページにありましたので訳してみました。自殺手ありです。
囲碁 アシスタント(囲棋助手)Go Game Assistant
日中韓の現代棋士を中心に囲碁の棋譜が5万以上もあるソフトがあります(呉清源は1千局以上)。棋譜データベース機能も 便利にできているので棋譜の追加(SGF形式)も容易に行えます。死活も定石も4千以上組み込まれています。