囲碁ソフトで強くなろう! by maznaga
 初心者が囲碁の力をつけるには対局回数を増やすことです。でも好きな時に自分のレベルに合った相手と打つには囲碁ソフトを使うに限ります。
 以前の囲碁ソフトは初盤戦では模様の大きさによる布石を考え、中盤戦では石の群の強さを、終盤ではヨセの損得を比較し、次の一手をどう打ったらよいか計算する知識ベース型のプログラムで作られていました。
 ところが乱数ででたらめに最後まで打って勝率の多い手を「次の一手」とするモンテカルロ法の囲碁ソフトが現れてから状況が一変しました。乱数の組み合わ せでも、勝率の良い方に誘導して無駄を省く枝刈り手法の開発で計算効率も向上し、モンテカルロ法が知識ベース型をはるかに追い越してしまいました。 
 モンテカルロ法の囲碁ソフトは、今ではアマチュアの有段者レベルに達しています。現在(2013年)モンテカルロ法による強い囲碁ソフトには、天頂の囲碁(ZEN)銀星囲碁(SilverStar)最強の囲碁(CrazyStone)などがありますが、ここではフリーソフトのFuegoを紹介します。


1. Fuegoのダウンロードとインストール
Fuegoは http://sourceforge.net/projects/fuego/ からダウンロードできます。

1図(Fuegoのダウンロード) 2図(Fuegoのインストール) 3図 4図(Javaのダウンロードとインストール)
そのページ(上1図)にあるDownLoad釦をクリックし、ダウンロードがすんだらそのファイルを実行しましょう(上2図、fuego-1.1-3- install.exe)。それでインストールが始まります。完了でデスクトップにFuegoのアイコンが表示されるはずです(上3図)。ただしFuegoを動かす 碁盤表示ソフト(GoGui)がJavaの環境を必要としているので、そのアイコンをクリックすると、もう一つJavaのダウンロードと実行を要求されま す(上4図、jxpiinstall.exe)。これも指示に従ってダウンロードと実行を行いましょう(すでにJavaがインストールされている場合はJavaのダウンロードは要求されません)。

2. Fuegoとの対局
   Fuegoは2009年に9路盤で台湾のプロ棋士(周俊勳)に一勝一敗の成績を残している比較的強い囲碁ソフトです。初心者は9路盤で置石を4つから始 めるといいでしょう。メニューの「対局」から碁盤のサイズを9路盤にし、置石を4子に設定します。また「対局」=>「対局情報」からコミも設定できます が、置石のときはコミなしのままでいいでしょう。手番はコンピュータが白です。碁盤をクリックすると黒石が置かれ対局が始まります。打つところがなくなる とコンピューターは「パス」をします。白と黒が続いてパスをすると終了になり、メニューの「対局」=>「結果」で勝ち負けの計算が行われ、結果を知ること ができます。始めたばかりはそれでも負けると思いますが、マッタ(手順を戻す)をして勝てるまで繰り返しましょう。それでどの手が悪かったかを知ることができます。最初からやり直す場合はメニューの「対局」から新規対局を選びます。連続して何局か勝てるようになったら置石を減らして対局を行います。9路盤で置石2つで勝てる様になったら、碁盤を13路盤に広げ、置石を5つにして対局をしてください。13路盤だと19路盤よりはるかに短い時間で、囲碁の色々な手筋を学習することができます。13路盤で置石3つで連続して何局か勝てる様になったら今度は19路盤に広げましょう。その時の置石は5つです。コンピュータはかなわないと思ったときは途中でリザイン(投了)してきます。またうんと勝っているときは、安全な手を打ってきます。

3.棋譜の再現と保存
多くの囲碁の棋譜はSGF形式のテキスト(左図)で作られています。SGF形式では一局は括弧ではじまり括弧で終わります。一手ごとの座標はカギ括弧でく くられています。棋譜を保存するるときにはメニューの「ファイル」=>エクスポート=>SGF形式を、読み込むときは「ファイル」=>「インポー ト」=>SGF形式を選択します。括弧を重ねることで変化を記述することもでき、変化を見る場合はメニューの「ツール」=>「ツリービューワー」をクリッ クすると変化図の系統が現れ(変化の系統を見るにはそれをクリック)ます。


さあ、Fuegoを相手に強くなりましょう!